注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

比老榕年轻

老榕

 
 
 

日志

 
 

[朝日新闻节译:埃博拉治愈护士回忆感染就在“扶滑下眼镜”之时]  

2014-10-23 22:29:00|  分类: 杂谈 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

朝日新闻节译:埃博拉治愈护士回忆感染就在“扶滑下眼镜”之时

エボラ感染「ずれた眼鏡を上げた時に」 回復の看護師

マドリード=渡辺志帆

2014年10月23日08時00分

http://www.asahi.com/articles/ASGBQ5FD3GBQULBJ018.html

西アフリカのリベリアで患者の手当て中にエボラ出血熱に感染し、その後、現地で回復したギニア人の女性看護師が20日、滞在中のスペインで会見し、自ら感染した経緯や感染拡大の背景について語った。

一女护士在西非利比里亚护理患者时感染埃博拉,随后在当地治愈,20日其在西班牙会面中回忆了自身感染原因和疫情扩大的背景。

スペインに本部を置くカトリック系団体のシスターでもある看護師パシエンシア?メルガルさん(47)は、リベリアの首都モンロビアの病院でエボラ患者の手当てに従事していた8月、自らも感染?発症した。

女护士パシエンシア?メルガル(47岁)为西班牙天主教团体修女,8月份在利比里亚首都蒙罗维亚的医院看护埃博拉患者,随后自身感染发病。

この病院では7月以降、エボラ患者が急増。メルガルさんは、高い気温の中で患者の手当て中、汗でずり落ちてきた眼鏡を押し上げようと、手袋をした手で顔に触れた。「あのとき目や鼻から感染したと思う。当時は看護師も患者に直接触れてはいけないという程度の知識しかなく、身を守ろうにも十分な装備がなかった」と振り返った。

该医院自7月以来,埃博拉患者激增。该女护士在高温中护理病人,眼镜因汗水滑落,就想用手扶,然后带手套的手就与脸有了接触。其回忆:“想来是那个时候从口鼻感染。当时护士与患者不能直接接触这一程度的了解还没有,自身防御的装备也不充足。”

  评论这张
 
阅读(162)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017